投稿

Before-After 街中でのバッファ(Buffer)の意味

イメージ
ランドスケープの世界にもバッファという言葉があります。 元々'緩衝物'を表す英語でITなど他のジャンルでもそれぞれの意味で使われています。 ランドスケープの世界ではゾーンとゾーンを区切る役割、特に喧騒、視線、風、雪などの影響を和らげて落ち着ける空間を確保したい時に植物でつくる柔らかな壁を意味します。 以前施工したお庭です。 施工する前の様子です。 街中では周辺環境が変わっていく速度も早い。 住み出した頃何も無かったところに10年もしたら周りにマンションが立ち並ぶということもよくあります。 じゃ引っ越そうかとはなかなか簡単にはいきません。 バッファと呼ばれる緩衝緑地はこういう場面で非常に有効です。 上の写真にある隣地境界に植えられた常緑樹は、今充実して隣のマンションや道路からの視線をしっかり遮ってくれています。 コンクリートの壁などを建てれば威圧的な印象となり近隣との関係もギスギスしかねませんが、緑の壁は柔らかな仕切りをつくってくれます。 どうしても人工物は0か100かになりがちです。 落葉や越境などのトラブルを避けるため樹種の選定は慎重にする必要がありますが、自然素材はその0と100の間を埋めてくれる柔軟性があります。 ご近所付き合いというのは昨今失われつつある日本の素敵で粋なカルチャーです。 角の立たない空間づくり、街中でも安らげる空間を確保したいとき、是非緑の柔らかな壁を検討していただきたいと思います。

Before-After QOLの向上を目指して

イメージ
植物との触れ合い方は様々です。 中には植物の成長のスピードに圧されて疲れてしまう方もいます。 できれば身の丈に合った付き合い方を見つけて、その事で生活の質が高まることに繋がってほしいし、そのお手伝いをしたいと思っています。 以前施工したマンションの1階部の前庭になります。 施工前はこんな感じでした。 ご夫婦で住んでおられるこのお宅は、一面覆う植物の勢いに疲れてしまっていました。 病気された事もあり、それでも植物は好きで、どうバランスを取ったら良いのか相談を受けました。 庭のデザインをする時には必ずクライアントがその庭に佇む姿をイメージして絵を描きます。 ただきれいで、でも落ち着ける場所がないという庭をそのまま綺麗な状態で維持するのはなかなか難しいことだと思っています。 スケールの大小は関係ないんですね。 お庭改修した後、しばらくしてからも感謝していただいている様子を伝えていただきました。 一番うれしいことです。 数字にすることが難しい(数値化する努力は必要ですが)恵み、力が植物には確実にあります。 ちょうど良い付き合いを見つけて量より質、QOLの向上につながる空間づくりにこだわりたいと思っています。

絵の表現と成長する植物と

イメージ
 空間設計とは当然現状と異なるものを提案してクライアントの思いとすり合わせることになります。 クライアントに夢を感じてもらえずにプロジェクトが進むことは決して良いことではありませんが、だからといって現実から外れた絵を描いてはトラブルになりかねません。 植物を使っての空間づくりはどの段階の絵を描くか、ひとつポイントになります。 変化と成長を続ける世界です。 自分は2〜3シーズン先の絵を描きます。 その後の成長は言葉で伝えます。 京王プラザホテル札幌でのプレゼで描いた絵です。 そして施工直後の写真。 そして2年後。 草花は動き出しも早いですが、樹木は新しい環境に馴染んで動きだすのに1シーズン以上かかります。 なかなか納得いく絵が描けることはありませんが、関係者全員が同じビジョンを持つ、一つのきっかけになるような絵が描けるように精進したいと思います。

地に根差すデザインを

イメージ
 植物を扱う仕事もさまざまなステージがあります。 育てる、計画する、デザインする、施工する、管理する。 幅が広過ぎて全てに精通するには死んでも勉強ですね。 同じデザインするでも地植え、コンテナ、ハンギング、切り花、生花、リースなどでは全く異なる考え方、センス、技術が求められます。 比較してどうこうではなく別物です。 自分は植物を使っての空間デザインがメインですので、その中では地植えが中心となります。 地面に植えることを前提とする以上、取ってつけたようなものでなく、地に根差すデザインを目指したいと常々思っています。 建築からスタートして植物の世界に転身したきっかけのひとつに、映画『天空の城ラピュタ』がありました。 マジメな話(笑) その中でシータの言った '土から離れては生きられない'  というセリフ。 なかなか建築業界にい続ける姿をイメージできず苦しんでいた自分を見事に貫いてくれました。 土に根付いて生きられる空間  これからもこだわっていきたいと思います。

Before-After 緑の修景4

イメージ
 札幌は最高に気持ちの良い季節になりました! 緑の濃さと差し込む光のバランスが本当に綺麗です。 街中の暮らしでもそうした景観をつくり出すことは可能です。 施工前はこんな感じでした。 なかなか奥行きを取るだけの敷地に余裕のない街中ではいかに立体感を出すかで緑の深みが変わります。 植物は毎日表情を変えます。 晴れた日、曇り空、雨の日それぞれの美しさがあります。 四季の移ろいをはっきり感じられるのは日本の大きな魅力の一つ。 なるべく身近に感じながら暮らしたいですよね。

Before-After 緑の修景3

イメージ
一つのモノをつくるとき、一人で出来ることは小 さなものです。 だからそれぞれの専門知識と技術を持ちよって役割分担します。 ただそれが管理のしやすさやリスク回避ばかりに意識が行けば、それは良いチームではなく縦割りになってしまいます。 建築家や設計事務所とお仕事させていただく事が多いですが、可能なら建築設計の段階からランドスケープデザインも参加させていただきたいと声をかけます。 民間レベルだと実際そういかない事もあります。 ランドスケープを考える頃には前の業者はもういないということも。 長くお世話になっているお客さんの様子です。 初めて現場訪れた時はこんな感じでした。 個人のお客さんで予算や工程に余裕ない中仕方なくという時ももちろんありますが、つくる側に自分の仕事終われば後は関係ないという縦割りの意識が無ければもう少しやりようもあるのではと感じます。 この砕石を改めて重機入れて取り除き、処分し、土を入れて庭にする。 本来必要無い工程がコストとなってお客さんに乗っかってしまいます。 縦割りでなく、良いチームで仕事をしたいと強く思います。

Before-After 緑の修景 2

イメージ
 前回に続き緑の修景の力について。 借景という言葉を聞かれたことある方は多いと思います。 日本庭園について英語で書かれた文章の中にも borrowed landscape と表現されているものも見るようになりました。 元々ある英語ではもちろんありませんが。 借景というのが背景を取り込んで修景するというのは何となくイメージできるのではないかと思います。 むしろ自分が効果として大きいと感じるのは絵そのものより、背景を取り込むことで奥行き感が表現できることだと感じています。 長くお世話になっている個人のお客さんのお庭です。 施工前はこんな感じでした。 限られた敷地の中で奥行きを表現することは敷地になかなか余裕を持てない日本では特に有効です。 宅地開発で一気につくり上げられるところがどうしても平面的で奥行きを感じにくいのは、開発面積が大きければ大きくなるほど周りの景観を取り込むことが難しくなることも影響していると思います。 周りに緑があるなら、公園でも山でも河畔林でも取り込んで、深みのある修景を求めていきたいと思います!

Before-After 緑の修景 1

イメージ
植物には多くの力があります。 元気をもらったりリフレッシュしたりという無形のものから環境、生態系、最近ではエネルギーに関することまでその効果は幅広く認められています。 その中で緑のつくる修景の力について。 街の中に公共の場所でも個人のお庭でも気持ち良い緑が広がっていれば街歩きが楽しくなります。 何か用事を済ますために街に出るのでなく、街を歩くこと自体が目的の街歩きが増えることは、人々を健康にし、環境への意識を高くし、自分の暮らす街への理解を深め、コミュニティの結束も強くします。 以前施工した法人の中庭の様子です。 施工場所は札幌市街のど真ん中。 施工前はこんな感じでした。 市中の山居とまではいきませんが、窓から眺めたときに窓枠をフレームにして、生きた絵画のような修景をつくり出す力が植物にはあります。 環境、生態系はつながり、人には心地良い空間。 そんな空間づくりをしていきたいと思っています。

緑の骨格

イメージ
以前自然界には直線という概念がなく、だからこそ人工の直線ラインと植物をどう組み合わせるかで様々な効果のあることを書きました。 ‘骨格’という言葉を聞くと柱が立っていたり塀で囲われていたりというイメージかと思いますが、この業界では‘緑の骨格’という表現をすることがあります。 文字通り植物を使って空間構成の骨組みをつくるということですが、いくつかの手法や効果があります。 シンボルとしてのランドマーク、遠近感を強調するボスケ、緩衝帯としてのバッファ、視線の抜けを遮るアイストップなど。 どうしても空間を仕切る必要がある場面というのはありますが、それを高いコンクリートの壁で仕切るのか常緑樹の列植で柔らかな壁をつくるのかで印象は変わります。 また人工の壁は音も風も跳ね返しますが、植物の壁はそれを受け止め、吸収します。 骨格を見誤ることは空間全体に影響しますので、場面場面で自然素材か人工物が適しているのか、様々な角度から正しく判断することが大切だと考えています。

成長と成熟 2

イメージ
前回に引き続きランドスケープに求められる成長成熟について。 モノの価値観は大きく変わりつつあります。 パンデミックがその勢いを後押ししました。  力ずくで技術力とコストかけて開発するのではなく、自然界の生命力を再認識し、その恵みを改めて感謝しながら享受し共生することがサスティナブルで本当の幸せだという考え方が世界でも広がっています。 SDGsの17の目標にも、根底にそうした意識の高まりがあります。 今でも良いお付き合いさせていただいています法人の中庭になります。 今はさらに濃い緑をつくっていますが施工当初はこんな感じでした。 限られた敷地の中でたくましく育ってくれる姿に感動します。 我々専門の人間も限られた知識と技術の中で精いっぱい想像力を働かせてプランづくりをしますが、最後には植物の生命力に委ねるしかありません。 決して人が上ではないんですね。 植物と人間が良い関係を築けるよう、お手伝いしていきたいと思います。