春を告げるサンシュユの花

札幌もすっかり春です!

北国の春を真っ先に伝えてくれるのがサンシュユ。
原産は日本ではありませんが、日本の風景にも馴染み、春の訪れとともに真っ先に明るい花を咲かせ、樹形もまとまりやすく、大きくなりすぎない。
好きな樹です。



街中の植栽では大きくなりすぎないというのは大きなアドバンテージになります。特に庭木としては季節を感じ取れ、扱いやすく、将来的に大きくなりすぎないというのは大変ありがたがられます。

このサンシュユ 別名をハルコガネバナ。
雪国では雪から守るために冬囲いというものをします。
雪の重みから枝折れを防ぐために縄などでなるべくひとまとめに絞り上げ、強度を持たすものですが、いくら冬眠中とはいえ植物にとっては息苦しいものでしょう。
春ととものその囲いを外した時、それまで内に内に溜め込んできたものを一気に放出する
エネルギー。
そのとき感じる生命力や美しさは雪国ならではでしょうね。

こも黄色い花を見ると身体の中に春が滑り込んでくるのを感じます。

始まります‼︎


コメント

このブログの人気の投稿

京王プラザホテル札幌

「間にある都市」の思想

街並み景観と人の想い