投稿

5月, 2019の投稿を表示しています

根上がり

イメージ
日本ではよく問題になる街路樹の根上がりの問題。 要は狭い植え桝に植えられた街路樹が成長とともに根を伸ばせる場所がなくなり、苦肉の策で水と空気を求めて地面の近くや縁石の下なんかに根を伸ばした結果、舗装や縁石を持ち上げてしまうことです。 ドイツの街を歩いているとその根上がりをほとんど見かけないんですよね。 なんでだろ。 一番よく見かけるのがプラタナスやシナノキですが、その植生からなのか、はたまたヒコバエをすぐに切除することでミティゲイトできるのか、それとも最初から根系用の耐圧基盤を用意しているのか。


おまけにこんなものも見つけました。

一体どうやって石を積んで、どうやってそれでも樹木が生きるようにやったのか。 ん〜 知りたい。 ドイツ人 何か知ってるな。

環境先進国の不思議

イメージ
ドイツに来ています。
環境先進国としてドイツから学ぶことは多いということで何冊か本も読みました。
実際には自然エネルギーの安定供給にはまだ課題も多いのがドイツですら現実ということですが、それでも国家レベルでそういう動きができることがまずスゴいと思います。
きっとドイツ人の我慢強い国民性もあってのことなんだろうなと本を読みながら想像していました。
でも実際来て一つ疑問が。

確かに芝生軌道を走行するトラム(実際は芝生は大分雑草に近くなっていますが)があったり、緑や川を大切にしている様子が見られる一方で、ドイツ人は喫煙率が高いと思う。 それに加えポイ捨ても多い!
国民も納得して国をあげて環境への配慮を叫んでいるんだと思っていたんだけど、このタバコはどう説明するんだろ。 責めてる訳でも、環境を叫ぶドイツを否定してる訳ではないです。
単純に不思議だな〜と思ったのです。




京王プラザホテル札幌

イメージ
去年施工した京王プラザホテル札幌のレストラン前ガーデンの確認に来ました。 概ね問題なかったのですが、1種類ガウラだけがこじれてしまっていました。 基本的には札幌で問題なく冬を越す種類ですが、気候が変わり例年通りというのを期待できない現実問題があります。

積雪量は少なく、春先には突然東京よりも暑くなり、その後の寒の戻り。 植物も人間も大変です。

近いうちに補植してきれいにしてあげたいと思います。 そのとき少し間引きも。 ホテルという性質上 即効性を求められますので密植にせざるえませんでした。
全体としては賑やかになってきていい雰囲気です。

人間の都合でビル風にも負けず育つ植物たち。 元気をもらえます!


つながり

イメージ
打ち合わせも兼ねマルヤマプランニングさんにお邪魔しました。
直接今までご一緒したことはありませんが、とにかく人のいないこのご時世、植物を愛する人とは繋がっておくことが大切と感じています。


仲間なのかライバルなのか はたまたただの冷やかしなのか 笑。
代表の方は女性ですし突然こんなのが現れれば(お約束の電話はもちろん入れましたが)構えますよね。
でも植物のこと、人を使う難しさ、経営の難しさなんかをざっくばらんに話すうちに気づいたらとても楽しく会話をしていました。

植物の世界といっても様々、ランドスケープの世界も様々、一人でできることには限りがあるし、一人で戦わなければならないときもあるし。

でも ‘つながり’ が大切ということは間違いないと感じられる良い時間でした。