移動手段を変えると見えるもの

北海道での生活は特に自分の職種では車なくしては難しいところがありますが、今年に入ってひざを痛めてジョギングを控えるようになり、医者の勧めもあり自転車を始めることにしました。

ウィンタースポーツシーズンまでの脚力強化になればというくらいの気持ちで始めたのですが、いざ走ってみると考えてもいなかったうれしい発見が。


札幌に住んで30年になります。
車やバイクで走り回った30年でしたが、移動手段を自転車に変えると全く気付いていなかった魅力的な景色がすぐ近くにもまだゴロゴロあることを知りました。


移動手段を変えると自然と行動パターンが変わり、移動速度も変わり、目線も変わります。
そうした変化は新しい発見や気づきにつながり、ものの考え方、見方もリフレッシュしてくれます。
きっとそうした身近にありながら気づいていない魅力は、札幌に限らずどこの まち にもきっとあるのではないでしょうか。

大がかりなことをするのではなく、身近なことで自分の住むまちの魅力を再発見、発掘できるとまち歩きが楽しくなりますね。
まち歩きが楽しくなれば外に出かけることに積極的になり、そのことがまた新たな出会い、発見につながりますね。
結局まちが元気かどうかというのはそういうことだと思います。

一度出来上がってしまったものを変えるのは簡単ではないときもありますが、それでも何かを変えなければと思った時には移動手段を変えてみる。

お勧めです。


コメント

このブログの人気の投稿

京王プラザホテル札幌

「間にある都市」の思想

街並み景観と人の想い