水路の設計 基本構想してるときが一番楽しい?

 札幌の公園の水路設計の基本構想段階でのスケッチです。


一番楽しい時かもしれないですね(笑)。

ホントは実際に形になってゆくときも同じか、それ以上に楽しくあるべきでしょうね。

残念ながら公共の場面では難しいところあります。

縦割り、別発注、担当者が変わるなど、基本構想から施工まで一つの物語で繋がるにはまだまだハードルが多くあります。

ただ変わってきています。

良い方向に!

民間発の動きは明らかに活発になっているし、自治体もその動きをサポートしようと動き出しています。

構想も設計も施工も全て楽しい。

そうなったときに魅力的なものが出来ないはずないですよね。



コメント

このブログの人気の投稿

京王プラザホテル札幌

ベランダ菜園始めませんか!’うちniwa’サービス のご紹介

詳細設計と納まり