投稿

5月, 2021の投稿を表示しています

成長と成熟 2

イメージ
前回に引き続きランドスケープに求められる成長成熟について。 モノの価値観は大きく変わりつつあります。 パンデミックがその勢いを後押ししました。  力ずくで技術力とコストかけて開発するのではなく、自然界の生命力を再認識し、その恵みを改めて感謝しながら享受し共生することがサスティナブルで本当の幸せだという考え方が世界でも広がっています。 SDGsの17の目標にも、根底にそうした意識の高まりがあります。 今でも良いお付き合いさせていただいています法人の中庭になります。 今はさらに濃い緑をつくっていますが施工当初はこんな感じでした。 限られた敷地の中でたくましく育ってくれる姿に感動します。 我々専門の人間も限られた知識と技術の中で精いっぱい想像力を働かせてプランづくりをしますが、最後には植物の生命力に委ねるしかありません。 決して人が上ではないんですね。 植物と人間が良い関係を築けるよう、お手伝いしていきたいと思います。

成長と成熟 1

イメージ
 ランドスケープの事務所をしていますと言われてももう一つどんな仕事なのかピンとこない方もおられると思います。 実際多岐に渡る分野です。 造園、土木、建築、都市計画、まちづくり、全てに関わりますが、大きな特徴のひとつには将来へのビジョンに向けて成長成熟し続けることがあります。 つくってお終いではないんですね。 その空間づくりに植物が大きな意味を持つことも特徴のひとつです。 施工後も長く良いお付き合いさせていただいているお庭です。 施工から間もない頃はこんな感じでした。 植物は条件がきちんと整えば、その後植物自身の力で大きく育ってくれます。 街中やあちこちの庭でその成長成熟する姿が目に入れば街歩きが楽しくなるし、元気もらえますね。 この成長成熟を計画すること ランドスケープに求められる大きなものと考えています。