material『植栽』と『緑化』の間


 前回の投稿で『植栽』と『緑化』について取り上げました。

そこで両者の使い分けの意味についてお話ししましたが、個人邸でも公共の場でも、その間で良い材料があればと感じることはよくあります。

つくり込み過ぎては後の管理が心配だし、だからといっていかにも『緑化』ではあまりに味気ないしという。

そんな場面に有効なものの一つをご紹介します。

這性のハーブを高密度に育て、マット状にしたハーブマットと呼ばれているもの。

以前個人邸で使用した施工例です。

施工前はこんな感じでした。

別のお宅の例です。

施工前がこうでした。

芝生に比べるとイニシャルはかかりますが、元々野草に近いハーブだけあって管理手間は圧倒的に楽です。

踏圧にも強く、踏むとフワッとハーブの香りが広がります。

多花性でその時期には一面小花を付けますので、あまり広い面積に使うとくどくなりますが、これくらいの場面で大変重宝しています。

『植栽』と『緑化』の間にハーブマット いかがですか。


コメント

このブログの人気の投稿

京王プラザホテル札幌

地に根差すデザインを

詳細設計と納まり