投稿

9月, 2021の投稿を表示しています

分野の垣根を超えて 縦割りから使命感を持ったチームへ

イメージ
 菅首相の先日の会見、総理になられて初めてご自身の言葉で話されたように感じました。 その中で厚労省や各自治体の首長との連携の難しさ、縦割りの弊害についても言及されていましたね。 総理になる前からそうした体質であることは十分理解されていたでしょうから、この有事においてだから仕方なかったでは済まないことですが。 ただ縦割りの問題は多くの業界、多くの組織でも多かれ少なかれあるのではないでしょうか。 ランドスケープというフィールドで土木、造園、都市計画、環境なんかの垣根を飛び越えて空間づくりできればと常に考えています。 逆に言えばランドスケープというフィールドは一人で全てを専門的に語るには幅が広すぎて、必然的にチームを組む場面が多くなります。 そのチームが縦割り体質では意味がないんですね。 全員が自分の受け持ったパートに使命感を持ったプロ意識の高いチームでないと。 さて 自分にその資格があるのか(笑)。 日々勉強しかないですね。

'囲う'

イメージ
 ゾーニングという言葉を聞かれたことあるかと思います。 ゾーニングは動線の流れを確保しながら空間を目的や周辺環境との関係によりエリア分けする事ですが、時に繋げるだけでなく'囲う'という事をします。 ゾーニングではパブリック、セミパブリック、そしてプライベートゾーンとザックリ区分けしますが、'囲う'ことでプライベートな性格が強くなります。 また囲われることでそこに収まるコンテンツの一つ一つにしっかり目が行くようになります。 生態系の部分では囲うことで安心して使える植物というのもあります。 緑の回廊とよく言う様に緑が連続する事で動物や虫たちの活動が増え生態系が豊かになる一方、逃げ出すと厄介な植物もあります。 環境省、農林水産省も侵略性が高く生態系に被害を及ぼす危険性のある外来種を特定していますが、園芸種として流通しているものの中にも同じカテゴリーに属して注意の必要な植物は数多くあります。 安易な気持ちで植えたらあっという間に広がってコントロール出来なくなったという事はあってはなりません。 それでもどうしてもという時はやはり'囲う'ことが有効に機能します。 誰に見せる訳でもない、自分だけのプライベートな空間。 みんな好きですよね。 そんな場所。