分野の垣根を超えて 縦割りから使命感を持ったチームへ


 菅首相の先日の会見、総理になられて初めてご自身の言葉で話されたように感じました。

その中で厚労省や各自治体の首長との連携の難しさ、縦割りの弊害についても言及されていましたね。

総理になる前からそうした体質であることは十分理解されていたでしょうから、この有事においてだから仕方なかったでは済まないことですが。

ただ縦割りの問題は多くの業界、多くの組織でも多かれ少なかれあるのではないでしょうか。

ランドスケープというフィールドで土木、造園、都市計画、環境なんかの垣根を飛び越えて空間づくりできればと常に考えています。

逆に言えばランドスケープというフィールドは一人で全てを専門的に語るには幅が広すぎて、必然的にチームを組む場面が多くなります。

そのチームが縦割り体質では意味がないんですね。

全員が自分の受け持ったパートに使命感を持ったプロ意識の高いチームでないと。

さて 自分にその資格があるのか(笑)。

日々勉強しかないですね。



コメント

このブログの人気の投稿

京王プラザホテル札幌

地に根差すデザインを

詳細設計と納まり