投稿

10月, 2021の投稿を表示しています

外の空気を吸いたくなる空間へ

イメージ
 建築との関係、内と外との繋がりというのはゾーニング、動線計画を考えるときには特に強く意識します。 内にいるときも外を感じられる、思わず外に出たくなる、そういう空間好きです。 一時 福祉住環境の一環で介護の勉強をしていた事がありました。 そのプログラムの中には実習もあって何日間か実際に施設で働かせてもらいましたが、その施設から見える外の景色には全く内と外のつながりを感じませんでした。 申し訳程度にある庭は手を入れられず、全ての窓は事故が起こらないよう常に閉ざされていました。 スタッフさんが悪いんではないんです。 みなさん手一杯の仕事を抱えて、それでも笑顔で働いていて、それは尊敬に値します。 認知の方もいるので事故を心配するのも当然です。 ただそういう施設の利用者の多くは土に触れるのが当たり前で暮らしてきたであろう年配の方です。 理解はしても寂しさは感じました。 たとえ実際に外で過ごすことが難しくても、なんとなく気持ちは外を感じて解放的になれる。 できれば最後の最後まで。 そういうのいいですよね。

物価本と公共設計

イメージ
物価本と呼ばれるものがあります。 建築や土木業界の資材や労務の適正価格を市場や実態調査から算出したもので、公共の設計では積算のベースになります。 その中には植物についての資料もあります。 健全なマーケティングを維持するのに適正価格を示すことは大切ですし、お役所がそれを基準にモノを考えることも当然だと思います。 ただ間違いないからとその中で全て収めようとすると、出来上がるものは面白みに欠けた無難なものになりがちです。 植物でも物価本に載っていない魅力的な植物は山ほどあります。 しかしそれを使って問題ないだけの、いわゆるエビデンスというやつをお役所に納得してもらうのはなかなか骨が折れます。 公正に安全にという一方で、そのことが監督する立場を窮屈なものにして、より良いものが活かされないということは避けたいです。 ある程度の質が約束されたものを早く大量にという時代は終わりました。 個性、その地域ならではのアイデア、他業種との協働など、当時はそれほど重きを置かれなかったものが計画に反映できる、そこでのリスクマネジメントも含めた新しい仕組みが必要ですよね。

ウッドショック

イメージ
 ‘ウッドショック’という言葉聞かれたことあるかと思います。 オイルショックになぞらえてこう呼ばれるこの現象、文字通り木材の供給が需要に追いつかないということですが、国土の3分の2が森林のこの国でなぜ木材が足らないということが起こるのでしょう。 ウッドショック自体の原因はコロナ禍での住宅ニーズの高まりや住宅ローン金利の低下以外にも、山火事や、中には中国の買い占めによるという声も聞こえます。 大元の原因はさておき、国内において考えれば今の輸入材に頼りきった仕組みや国内林業の衰退、手入れされず所有者も不明な山林、木材をとるためのスギやヒノキの単一植栽により地滑りを起こしやすくなった人工林、と単なる木材の不足では片付けられない多くの問題の現れではないかと感じます。 ヨーロッパの街並みが美しいのはその土地から削り出された石を技術とセンスで人の住む空間にデザインしているから。 日本はそれを 木 でやってきたわけです。 国内産の木が丁寧に扱われ、デザインされた日本の街並みは、国内外問わず必ず人を惹きつけます。 そこに需要が生まれ、国内の林業が活発になり、森林が正しく管理され、美しい街並みが広がる。 そういう日本であったならウッドショックとは無縁であったように思います。